「夢中」タグアーカイブ

ご縁に感謝しながら思った事

昨日は予定が急遽変更になってしまった事もあり空いた時間で白糠町のお祭りへ。良い機会でしたのでご縁のあった方にもご挨拶させていただきました。お元気そうで何よりです。
地元の祭りもあり盛況のようで安心いたしました。

帰路は恋問海岸へ。
穏やかな風が吹き抜ける中、空と大地と触れ合い一体感を味わう事、自分の魂と向き合う。そんな大切な時間を意識して持つようにしています。

実はカモミール亭は始めようとして始まったわけではなく宙から降ってきたようなご縁でした。恋問海岸が始まりのワークショップ。最初の最初はmikaさん一人がガイドとなりました。その時の僕は会社員でもありましたので時間の制約もありmikaさんがいたからこそ始まった事。

という事をmikaさんに話しましたところ、「そうだっけ?」と忘れていたmikaさん自身があらためてその事をとっても驚いています。その後に僕も合流しましたので忘れるのも無理はなかったんですけれど。

はじまりの時、そのご縁にあらためて感謝しながら海、空、大地を五感で味わってきました。 天はいつも私達を見守っています。昨日も色んな表情を見せてくれました。ありがたいことです。

ほんのちょっとのつもりでしたが長居をしてしまいました。

海に山に川に、僕といると突然の行モードに入る事も頻繁にありますので、mikaさんもそれに合わせてくれて動きやすい機能的な服装になってきましたね。服装選択を間違えた大泉洋さんがサイコロを振ってどこかに行かれる番組がありましたが半袖でアラスカに行くが如しmikaさんにとってはいつもそんな気分であるようです。

僕たちもあれから随分と時が経ちました。歳を重ねた分以前の様なワークを行うようなことは少なくなるでしょう。けれどもこの道東エリアという土地で魂から体感する経験をしていただきたいと思っています。

考えたり立ち止まる事も必要な時もあるでしょう。しかしながら人の一生は短いもので人生はあっという間に駆け巡っていきます。
どう自分という価値を広げ豊かになるか?
その勇気に光は微笑み続けることでしょう。


ヒーリングや伝授にお越しいただきありがとうございます

 

週末はレイキヒーリングや伝授の方々がお見えになりました。
家族にヒーリングをしてあげたいと、まずは体験しに来られたり
レイキに興味を持ってくれる方が増えて嬉しく思っています。
カモミール亭にお越しいただきありがとうございます。

 

 

私事ですが結婚して24年になります。サロンを始めるときも、サラリーマンを辞める時も私は結構自由でした。mikaさんは普通のサラリーマンと結婚したつもりがこの様なお仕事をするようになるとは思っても見なかった事だろうとも思うのですが。

華やかなりし頃のmikaさんを知る友人達には、私との結婚は大反対されたりしましたが…。本当にカムイミンタラで楽しく暮らしていたんですね。なので日々ミラクルを知っている当時の友人達は今のmikaさんが物足りない感じに思える事もあるんでしょう。

何とも不思議な人でしてね、この不思議さは中々書ききれないのですが…。

数年会っていなくても、それがまるで昨日の事だったかのように続きが始まる、そんなmikaさんにはいつも驚かされます。

その時々の関係性が変化していける柔軟さや自由さ。
魂が持つもの、その強さなのかもしれません。

全周波数を受信しないようにする努力って大変です。


夢を膨らませていきましょう

今日は少人数でのちょっとしたセミナー。
途中から夢を語る会へ。夢を語る中で聞いている人もどんどんワクワクしオーラが輝いていく。
自分の為と思っていたことが、地元の為、北海道の為、しいては日本の為になっていく。
そんな後押しが出来る事って素晴らしい。
お陰様で参加された皆さんの楽しそうな笑顔が印象的な集まりになりました。
予定していた時間も2時間オーバー。気が付いたらストーブも消えていたほど熱くなっていたようです。
きっかけを作ってくださった方、快く応じてくださった方、参加された皆さん、ありがとうございました。
夢を語り膨らませていきましょう。


周期

電波にも色んな種類があり、地表を這うような長波帯もあれば、どこまでも真っ直ぐ進む光に近い波長もあります。
アマチュア無線に熱中していた頃はその事に留意していました。
宇宙に飛び交う電波は色々な影響を受けながら伝播を続けます。
アンテナの形によって位相を変える事で遠くまで飛ぶこともあります。
遠くに飛ぶからといって、近くに届くとは限らないのが電波です。
月の周期は29日。
太陽の周期は27日。
新月や満月にはどういうわけか黒点数が増えます。
11~13年の間隔で活発になる太陽活動。
太陽活動が盛んな昨今はオーロラをネット中継している方もいるので知っている人も多いと思います。

僕にとっては、アマチュア無線をやっていた頃の電波の知識や感覚は大切な経験になっています。
電波や宇宙って見えないものだけれどその中に僕たちが居るというのは言うまでも無く、あたりまえの事。
短期的な視野、長期的な視野。
それぞれに運勢的な周期をなぞってみたら何かあるかもしれませんね。

昔アマチュア無線の仲間と「電波に色が付いていればね~」と言っていたこともありました。
世界津々浦々に携帯の電波が届き、Wi-Fiスポットが出来ている時代。
そんな事になれば目がまわっちゃうかもしれませんね。


ふたご座流星群

今夜から明日早朝にかけてふたご座流星群が極大(たくさん見える)だそうです。
アマチュア無線をやっていた頃(今でも免許はあるが)毎年楽しみにしていた流星群。無線をやっていた頃はこの流星群を見たことが無く無線に没頭していた。この流星群はとにかく流星数が多くたくさんの人(局)と流星に反射した電波で交信できた。1分間「CQ、CQ…1分間」と送信して、1分間受信。たくさん流れている時間帯には1分間ルールから30秒ルールに切り替える。フェードアウトしたかと思えばフェードイン、流星が多くなると電波がずっと聞こえたり。無線機の前で「あ~今流星が流れているんだなぁ~」と思ったものだ。
無線をやっている人はたくさんいても、流星散乱はマニアックな世界だったと思う。流星でも載ったけど、この事がきっかけで無線雑誌にも何度か掲載されたこともありました。

当時の無線仲間が集まると、電波が目に見えればどの周波数がどこと繋がるってわかるのにねと言っていたけど、今はネットで色んな情報を世界中で共有できる。

「電波は世界を駆け巡る」その言葉にロマンを感じた青春時代だったな。
あ、今でも浪漫を感じますよ(笑)


異なる情報

最近は本を読むことが少なくなった。ネットで調べれば情報が手に入ることもありますがそれ以前に真実が書かれているものが少ないからかもしれません。20年ほど前に借りたある本、そこには自分がそれまで触れていた情報とは異なる事が書かれていました。フィクションとなっていましたがアフリカの小国ビアフラという国の物語だった。まだ二十歳そこそこの自分にとっては衝撃だった。それ以降、隠された事を知りたくて、F.フォーサイスの書く小説は片っ端から読み漁った。落合信彦もけっこうな数を読んだなぁ。アマチュア無線をやっていたから、世界情勢や内乱などの情報は知らず知らずに伝わって知っていました。政情不安の国はアマチュア無線も禁止されますから。周りは次の車何買う?なんて話を周りでしていた若いころ、世の中の裏側…ってどうなっているの?と思っていました。かなり変わった青年時代だったと思います。

時は変わり、今はネットを通して世界の情報がリアルタイムで色んな情報が発信され本格的に淘汰の時代が始まったという感じがします。世界の価値観ががらっと変わっていきますし今を大切にしながら将来をしっかりと見ていきましょう。平穏に暮らせるのが一番なんですけどね。


職人気質

僕のもう一つの仕事は金属加工技術者ですが、27年やっていても納得できないことが日々あります。
お客さんを満足させることは当たり前の事として、時間を掛けられないときには納品せざるを得ないこともあり自分では納得できない事も日々あったりします。
ほとんどの場合最初に「ここまでしか出来ない」とお伝えして作業になりますが、やっぱり自分の中では不満が残ります。
無事に取り付けて動いたからといえ素材を喜ばすのも仕事のうちだと思う。
素材を喜ばすという感覚。そういうことを言い出すから社内では異端児なのでしょう。

カモミール亭の二人は職人気質なのかもしれません。