mika のすべての投稿

シルク(胴裏)パーテーション

ユーズド着物の胴裏を丁寧に洗いなおし繋ぎ合わせてみました。

透け感がありながらパーテーションになるもの
綿ローンかレースかオーガンジーっぽいもの。
で、天然素材だとすると綿ローンで作ろうかと思っていたところに
縁あって頂いた着物がやってきまして…そうよ、胴裏よね。と。

胴裏ってシルクなんですよね。あの玉虫の輝きって好きです。
それだけで十分な感じ。

解いてみると数着分の胴裏、そのうち使えるものを…
物により異なる織の加減も味わい深い。
ほんの少し金と銀を足しまして…。

蚕好きは…血かしらね。

と言うわけで、このようにカモミール亭の一角にも
似合いそうな出来上がりとなりました。が、
そそくさとアトリエに持ってゆきました。

たまにはいいよね

赤絹の胴裏って古いものらしく…
そういうのも解かせていただいたからでしょうか…

以下余談になりますが…。

その蚕が作るシルク。
旭川でも昔、祖父母の住んでいたあたりって
明治や大正の頃、養蚕は道内屈指だったのです。
福島からの移住の方が多かったからなのですが…。
祖父母の昔の家には小さいですが養蚕用のお部屋がありました。
私が生まれたころには、もうしていませんでしたが…
子供の頃なんでこんなところに変わった空間があるのだろう?
見たこともない道具がありまして…。

祖父母が当たり前だったことってもう歴史になっちゃうのね…
写真も残してないことに今更気が付くけれど…

こんなところに、旭川市指定文化財があったりします。
もうずいぶん前に何度か訪れたことはあります。
祖父母にも連れて行ってもらったことあったような…
興味のある方は是非。

養蚕民家

足元マット

ご注文いただきました。
燃える感じで作り始めましたが…
出来上がってみたらこんな仕上がりに。

普段は自家用にしか作らないのだけれど、
カモミール亭でレイキを学んで下さった方には
こんな作品も頼まれると作ってしまいます。

情熱と足固め 共に上手になりますように。

ミニミニ座布団。

プチミラクル!原点でもあります。

この作品に関しましては
ひかりあふるるところへ…お預けして、お届けするひとつ。

滅多に作ることはないのですがゆく先を選びます。
なんて偉そうですけれど…

まぁ、そんなことも言える歳になりました。

そんなひとつ。
どこかで出会いましたらよしなに。

巻きスカート。

旭川の夏は暑い。
巻きスカートを母に注文された。
熱中症になってはたいへーん。
自分の夏物は横に置いた。

普段ポリエステルは使わないけれど
やはりしわにならない、軽い、柔らかさが出やすい。
フレアのスカートなんか作ると顕著だけれど、ドレーブ感がすてきになる。
ヒヤッと感はあれどさらっともしている。
彼女の希望もそうだった。

いつぞや旭川の街中のデパートのシニア売り場に行ったら
殆どそう言った素材のものばかりだった。

そこには母よりも更に年上であろうシニア女子が沢山いて
まるで女学生のように楽しそうに洋服を見て回る姿であふれていた。

売り場も心得ているのか、
所々に休憩スペースや椅子が配置してあり、
そして店員も多い。
探し物や、好みのものなど、細やかな事にも対応している。
でも売りつけるでもない…。旭川らしいなぁとも思う。
なので訪れるシニア女子も多いのだろう。
旭川は昔、繊維問屋が多い所だからそうなのかしら…。

なぜ巻きスカートなのか…とも思うが。
最初に作り始めたとき、紐でしばるタイプが面倒だったのでホックを付けた。
その方式が便利だとよく言われる。
このシリーズ。いつぞやその場で出会った人に頼まれたこともある。
スナップとかのタイプも今は沢山あるとは思うのだけれど。

前置きが長くなった。

ポリエステル2種
ご希望によりタイトな仕上がり
着せているマネキンはヤングサイズ9号

出来上がりはマネキンよりゆとりのあるフリーサイズ

ストレッチポリエステル

20140802-1

20140802-2

ちりめん風ポリエステル

20140802-3

20140802-4

和柄カードケース。

お久しぶりです。プチミラクル!のmikaです。
最近は布の整理を始めています。

コットン素材の和柄の布、着物布 色々と。
カードケースです。

20140312-1

昨今はnaturalなものだったり、popな北欧ものが多いので…。
流行とちょっと逆行してるけれど。
それもよし。

ちなみに。
ひとつはそぉっと家人が持ってゆきました。

カモミール亭に置いてあるます。
お越しの際はご覧になってくださいね。