「カモミール亭」カテゴリーアーカイブ

新月

慌ただしく時間が過ぎていく毎日。
普段は見逃しがちだったり、そんなことくらいと思いがちな事。
ほんの些細な事ですが、大切にしてただ動くというだけで道が見えてくる事もあるものです。
大切なご縁、色んな方に声掛けをしていただきました。
ありがとうございます。

2か月前に手術をした父親でしたが、要介護1認定になりました。
昨日、父親の通所施設との契約を済ませました。

何かの方向性を決めたとき、その時から始まるもの。
新月前日という節目。

そこから枝葉が広がっていくように願います。


もうすぐ満月

今年に入ってから僕も沢山の未来への怖れを感じてきました。
経済的な事、身体の事、心の事、家族の事…
数えればきりがないほど。

それでも今僕は生きています。
幸せな事に、お金も何とかなっていますし、身体もとりあえず健康、家族も疲れてはいてもとりあえず健康を保っています。

今はたくさんの方が違和感や閉塞感を感じている事と思います。
多かれ少なかれ、違和感や閉塞感や感じていない方はいないでしょう。

それでも前へ進める方、立ち止まったままの方の違いは何なのでしょう。

自分が感じる事、感覚を大事にしていますか?
それを否定していませんか?

心の鍛錬をしていますか?
何か一つでも、感覚を磨く事をしていますか?

それは自分への感謝に繋がります。
自分の感覚を良い悪いは考えずまずはそう感じている自分を認める事。

そうすること、それだけで前へ動き出せる人も多いと思います。

自分を深く観る事。

神様は私たちを見ていてくれている事でしょう。

きっとチャンスはやってきます。


チャンスはだれにでも

人は何度でも生まれ変わる事ができる。
そしてそのチャンスを与えられている。
そう感じます。

個人的な事ですが。

6月の中旬、「父親が入院したと」母親からの電話。
入院先の病院への訪問を少しの間控えていました。
その後、何度も病院へ行く事にはなるのですが。

できるだけ手術は避けようということで処置を施しましたが一向に数値が回復せず。
このままでは、いつ急変するか判らないという事で
入院から一か月、2度目の心臓弁交換手術ということになりました。

手術件数を減らしている昨今ですから、本当に命の危険が差し迫っていたのだと思います。
心臓外科の執刀医の先生からも何度も説明されました。
合併症、術後透析の可能性は半々、等々ある程度障害が残る事を息子ながら覚悟をしていました。

こういう時には、色んな事が頭をよぎります。
全てではないにしろ後悔だけはしないようにできる事はしようと決めました。

22年前の初回の人工弁への置換手術は約10時間という大手術。
人工心肺装置から切り替え、止まった心臓は電気ショックでようやく帰還しました。

今回は8時間にわたる人工弁(器械弁)から人工弁(生体弁)手術。
人工弁との癒着もあり相当大変だったと執刀医の先生から術後の説明で伺いました。

そんな経緯を知ってかしらずか
80歳を過ぎた父でしたが周りが思って以上の回復ぶり。
術後の経過も順調で、次の日にはICUから一般病棟へ移りました。
当初術後一か月以上は入院の予定でしたが、お盆前に無事退院に至りました。

わがままな父親ですからさぞかし大変だったろうかと思います。
内科の先生、心臓外科の先生をはじめ、看護師さん、病院関係者の方々には本当にお世話になりました。

父親を見て思うのです。
人は何度でも生まれ変わる事ができるし、そしてそのチャンスを与えられる。
不平、不満を言えばきりがない。
感謝をもっていきるかどうか、その先は自分次第なんだと思います。

護られている事に気が付き、チェンジするもよし。
そのままいきるもよし。
息子ながらそう思わずにはいられません。

色々心配を掛けた妻のmikaさんと共に。
ささやかなリラックスタイム。

お盆という時期でした。
たくさんの方々に見守られていたんだと思います。
ご先祖の皆さん、いつも見守ってくれてありがとう。

【おまけ】

これはmikaさんが手術前に退屈だろうからと、リハビリも兼ねて渡しておいたねぷたの塗り絵。
青森育ちの父。いつの間にか塗っていました


お盆入りの出来事

17年前の今頃。
屈斜路コタンに建っていたチセに立ち寄りました。
普段は寡黙でどちらかという怖い感じの男性。

そこではムックリの鳴らし方を教わりました。
コツを掴めない僕に手を取り、時間を掛けて。

それ以来、何度もそこを訪ねる事になります。
伝統的なゴザを、植物を煮出すところから行っていたり
訪ねるたびに僕たちが知らない新しい事をやっていたりしていました。

親程年の離れていた日川さんからは、いつの間にか「あんちゃん、よく来たな~」と言われるようになっていました。

その時にはこんなに長いお付き合いになるとは思わなかった。
縁って不思議なものです。

今年、初夏の頃、阿寒湖畔に住んでいる日川さんを訪ねました。
mikaさんが突然、「この人、日川さんにマキリを頼みたいんだって」と言い出しました。

以前から思っていた事でしたが、マキリは魔を切るもの。
恐れ多くて言い出せなかった僕に代わって言ってくれたのでしょう。

他の依頼もあるようなので「僕の分は後でお願いします」と言ったと思います。

ただ「わかった」と言って。
元鉄工所勤務と知っている日川さんに、これは自分でやれと渡されました。

1か月後やっと時間を作り少しずつ刃の加工を始めます。

一気にやろうとして電動工具を使うと刃が焼けてしまうので砥石で少しずつ。
まだまだ加工したい場所が残っている。

そんな矢先、お盆の入りと共に僕のもとに鞘と柄がやってきました。

日川清さんが、初めて彫った紋様だそうです。

そして、僕のものだからと鹿の角と日川さん自らがイラクサから撚った糸が使われていました。

ありがたいと思うと同時に、仕事の速さに頭が下がる思いです。

刃を早く鞘に納める事が出来るように頑張ります。
早く色が出てくるように、そして大切に使います。

いつもありがとうございます。


昨日のアチューメントから

今私たちは、変化の流れの中にいます。
足元がおぼつかない。
そう感じている方も多い事と思います。

水の時代から、風の時代へ。
浄化する事も大事な事ですが、その先にある流れの中に自ら飛び込んでいく力強さも必要になって行く事でしょう。
これから変化はいっそう加速していきます。
身構えるのではなく、軽くしなやかに。
そう心がけていくと良いかと思います。

昨日は何人かの方に遠隔でエネルギーを送りました。
満月というタイミング。
ある事を意識してもらい、そこにエネルギーを注ぎました。
身体や心が軽くなった方、幼少期の頃を思いだした方。
それぞれに様々な反応があったり、感じた事でしょう。

人はみな弱い。
でも自分の核にアクセスできれば、そこからエネルギーは流れる事でしょう。
自分に対して純真でいられる強さを持ち続けましょう。

みなさんがどんどんシフトアップいけますように。
いつも願い 応援しています。

昨日はご参加ありがとうございました。


あたりまえから始めよう

普段あたりまえと思っている事や感じている事。
もしかしたらそれは当たり前のことじゃないかもしれない。
そこから何かを生み出すことができるかも?と考えた事がありますか?

子供の頃に不思議だなぁと思っていた事は?
今自分が何を感じているのだろう?

時折、問いかけてみるともっと豊かになれるヒントが隠れているかもしれません。

昨日はとある場所で一日レイキと共に過ごしました。

レイキという調和のエネルギーを感じる事が出来る事。
そしてそのご縁を繋いでくれた方々に感謝いたします。

レイキは、心にも身体にも、(そのほかにも)作用するレイキ。

興味がある方はお問合せください。

レイキを習得されている方へ
日頃からレイキを使っている方はもっと先に進みたい、人生をより豊かにとお考えの方もいる事でしょう。
レイキの使い方は数限りなく、普段の生活の中で活かせることがたくさんあります。
今、必要な使い方や取り組み方を伝えています。
ぜひ、トレーニングを受けに来てください。
メールやメッセージで「トレーニングを受けたいんだけど…」
それだけでも構いませんので。

レイキから暫く遠ざかっていた方へ
トレーニングの際にエネルギーの再伝授を行っています。
調和のエネルギーを再び体感してください。

メールやメッセージお待ちしています。


気力を蓄える時期

自分や周りの大切な人が笑って過ごせる様に。
将来を思い描けるようにいつまでもいたいものです。

今は誰もが気力を蓄える時期だと思います。
しっかりとエネルギーをチャージしておきましょう。

最近は家族の体調がおもわしくないというご相談をいただく事も多く、
ご家族の方にヒーリングをして欲しいという依頼も数多くあります。
その際にレイキを習得されているようであれば、ご家族の方にヒーリングする際のコツをお伝えしています。

家庭の中で、エネルギー・ヒーリングができればきっと良い氣が巡ると思います。
言葉以外でも伝えるものがある。
それだけでも調和のエネルギーは満ち。
家庭内でも良い氣の循環が広がっていくでしょう。

今は誰もが困難な時かもしれません。
いつまでも続くわけじゃない。
そう心に留め出来る努力をしていきましょう。

応援しています。


日川民芸品店

17年前、あるワークにお手伝いで参加させていただいた時に屈斜路コタンにあったチセに立ち寄りました。
そこで日川さんと出合いました。
それ時から日川さんとの交流が始まり様々な事を教えていただきました。
いつもありがとうございます。
今では家族の様なお付き合いをさせていただいています。

80代になった日川さんと奥様、時折「いくつになっても勉強だ~」と笑って言う姿。
いつも尊敬しています。

木彫りをする旦那さんの作品も素晴らしいですが、
奥様が縫う刺繍紋様作品もいつも綺麗な刺繍でそしてエネルギーを感じます。

先日、プチミラクル!のmikaさんが作った布マスクを刺繍作品に使っていただける事になりました。
mikaさんは使っていただける事自体が嬉しいらしく、連日笑顔で作業をしていました。

手作りなのでたくさんというわけではないですが、生活の中で活かせるお守り。
阿寒湖畔コタンにある日川民芸品店で購入できます。

写真は先週撮ったものですので、すでに売り切れの場合はご容赦ください
阿寒湖畔に行く機会があれば、阿寒湖畔のコタンに立ち寄ってみてください。


昨日感じた事

昨日は阿寒湖畔コタンの方にmikaさんが依頼していたものがわざわざ届けていただきました。
mikaさんが作った物に刺繍を施していただきました。
mikaさんも刺繍を施していただいた方もプロ意識を持つ方。
二人のやりとりを横で見ていて大いなるものが光に満ちそして、降りてくるのを感じていました。
そういった瞬間に立ち会える事が嬉しくなりました。

どんな物が出来上がったのか。
それはmikaさんのfacebookやインスタをご覧ください。

夕方はヒーリングやカウンセリングのお客様がお見えになりました。
ヒーリングの後に感じたことをお伝えしたのですが、その時に「これはレイキの範疇ではないですね(笑)」と言われました。

そうですね。
レイキの範疇を超えている事をお伝えしました。
僕が行っているヒーリングはレイキをしながら、その範疇を超えている事も行う事があります。
それが、僕にとっては自然の事になっています。
ゲストの方がその時に気づくかどうかよりも、もっと大事なものを届けられればといつも思っています。
必要な方は一度ヒーリングを受けにお越しください。

昨日、阿寒から一緒に届けられた自然の恵み。
春の苦味もしっかりあり(この苦味大好きです)美味しくいただきました。


変容

数か月で随分色んな事が変わってしまいました。
目に見える事もあれば、それよりも今までは見えなかった事が変わってしまったと感じる方も多いことと思います。

今たくさんの方がこだわりを捨て去って新たな自分を出そうとしています。
この変化はこれから益々加速していくのは間違いなさそうです。

これからは私達の行動も仕事のやり方も変わっていくのでしょう。

被ってきた重い殻を脱ぐ時が来ました。
あなたらしく生きるのをみんな待っています。
勇気を持ちましょう。

先日ある知事がパラダイムシフトという言葉を使っているのを耳にしました。
mikaさんと共に驚くとともに、これも普通の言葉として受け入れられたのだなという瞬間でした。

今が変容の時です。
応援しています。