...

節分

節分に鰯を飾る地方もあるという事で 鰯も入っただしの素

 

鰯の煮干し 干ししいたけ 昆布 鰹節お好みで
オーブントースターでカラッとさせて粉砕させれば出来上がり

 

節分なのか、朝イチでぼーっとしてる時に始めてちょっと目を離した隙に焼き過ぎて部屋中煙だらけ。煙探知器が鳴って作動確認の良い機会。そしてやり直し。よい魔除けになったという事にしておこう。

 

 

昨日、Pさんとセッションをしまして…その後おやつの買い物に。

今年からは大きくシフトしていく過程で重要な年になると言われています。例えるなら光と闇みたいに二極あるもの。
それらについて思う所があり話していた、そんな備忘録の一部を

 

節分は穢れを祓うよい時期

穢れ 氣枯れ 同じ言霊です
明日は立春になりますが、今は落葉樹は木枯らしに吹かれ葉を落とし、その根は土中で養分を溜め、じっと春の芽吹きを待つ時でもあります。
木枯れの頃は内省の季節。私達も折を見て時を作っていました。

毎日生活をしていますと、お子様や、親御さん、パートナー、お友達や仕事仲間等々。
限られた時間の中、時間を作って取り組まなければならないこともありますけれど、自己以外の事象で心が落ちつかなかったりすると、色々心配になることもありますよね。

お子様が風邪などひいて、熱などあるときには『代ってあげたい』と思う親御さんも多くいらっしゃることと思います。
多くの親御さんはこんな時、お家の湿度を保って快適にするよう心掛けたり、食事に心を配ったり、たくさんの愛情をお子さんに注いで、知らず知らずのうちに氣を補ってあげています。そうして今できることを自然と行っています。

でもそんな親御さんも時には疲れちゃうよね。

 

内と家も同じ言霊

疲れた時、祓う為に自己の内を整える時、カモミール亭のツールとしては瞑想だったり、レイキだったりするのですけれど…

家の中で一人の時を持つ、クリエイティブな趣味などがある方は、自然と自身の内や大いなる智慧に向きあっている、整っている方が比較的多いです。そういった方は極から中庸への移動力や、加護の力も強い。家が整ってるから内にいることもできるとも言えますね。忙しい時に食事は出来合いのものでも構わないんです。整った空間で楽しく味わう事、そちらの方がすてきです。

内と向き合うことも大切にする。
そうして、大難を小難にそして無難になさる方っています。
取捨選択するときに智慧を授かっているんですね。
よいイメージを持つと比較的実現化しやすいでしょうね。

まず自分 そして家族 そして他人へ
レイキの教えはこの順序なのですよね…。

昨日偶然買い物先でお会いした方へ
明日が立春なのでちょっと早い旧正月のお年玉代わりのヒントになれば幸いです
福は内~
よいお歳を

入院中は全て葉を落としていたベンジャミンも、元気になりました。


大寒の頃

家人の好物なので赤飯を最近よく作ります。

薬膳では温性で消化器系を補ってくれるというもち米、道民なので甘納豆です。これはさつま芋入り
冬の氣枯れの時期は、氣を補うもち米を食すのでしょうかね…
もりもり食べてくれるので作り手は楽させてもらうメニュー。私は少々だけ頂きます。

 

 

先日は曼荼羅ぬりえをいたしました
ご参加頂いたみなさまありがとうございました。


みなさんには好きな曼荼羅を選んでいただいて自由にぬって頂くことにしました。
 

頭の中が整理されなくて、考えすぎてしまったり、無気力になったり落ち込んでしまったり…瞑想の時を持ちたいと思いつつ持病があるときや、ハードルが高い気持ちの時ってありますよね。
大丈夫 あなただけではありませんよ。
持病があってもこういった機会が得られないという声をたくさん伺いました。数人のグループで、心穏やかに無心になる時を過ごして頂けたら幸いです。ちょっとした会話の中に開運へのヒントが隠されていることもありますよ。

何も考えない時を持つこと。ってこれからはどなたにとっても大切です。

リクエストを頂いている、グループの宿泊型WS等ではクリエイティブな時間も設けていたんですが、最近は久しいですけれどこれらも少し検討したいところ…と書いておけば時が来ればそうなる…かしらね。

 

 

これらは見本になるかしら?と事前に作ってあったのですが最後にお見せすることにしました。

 

 

療法士さんの下、私も入院中はぬり絵等のプログラムもありまして、ぬり絵の種類も風景や動物、花等様々。その中でも曼荼羅柄が人気も高く、多種多様でとても驚いたものです。

 


小寒から大寒へ

寒い日が続きますね
インフルエンザなど流行っていますから皆様ご自愛くださいね

この季節 Pさんお気に入りのあったか飲み物を。サロンにお越しの際 あるうちはお出しできるかなぁ…

☆みかんの皮のあったか飲み物の素

みかんの皮 生姜 シナモン グローブ レモン果汁 クエン酸 砂糖

みかんの皮は一度茹でこぼす
その後他の材料を入れ 少々煮て一晩置く
次の日にもう一度煮てビン詰めしたら出来上がり

 

作っているとみかんの香りが部屋中漂います。

 

 

入院中は療法士さんの下、それはとても軽やかに、穏やかな音楽が流れアロマ精油が焚かれた部屋で、ヨガマットの上でゆったりとグループでストレッチを行ったり、ペアになってお互いの肩などを軽くマッサージしたり、目を閉じてゆったり呼吸を行うプログラムがあったんです。
この時ペアでマッサージする側になると、受け手の方に大変喜んで頂いたのですけれど、私にとってこの馴染み深い時間はとても楽しみでした。

その際、焚かれる精油の香りはストレッチが主でしたからオレンジやレモングラスが多かったですね。

瞑想会やレイキトレーニングでは普通に行うこと、それらが医療の現場で普通に取り入れられている現状を目の当たりにし、体験した事はとても学びになり、心強く励みになりました。

そしてなんだかとても安心しました。
氷解とでもいうのでしょうか…
重い荷を下ろしたときのような…
本当にレイキを学び続けていてよかったなぁ と。

どうやら私のレイキのエネルギーも更なる進化をしているようです。

今年は、沢山の皆さんが気軽にレイキを学んだり、また、習得なさった方は難しく考えることなく、もっと軽いお気持ちで、レイキトレーニングや瞑想を積極的に取り入れたり、ちょっと疲れた時にはもっと早めのヒーリングを心掛けて頂きたいなぁ。と思っています。
今年はこういったことが開運に繋がったりする年だそうですよ。

 

鏡開きのお汁粉