「メンタル」タグアーカイブ

心の処方箋

自分の家族ごとになりますが妻が一昨年から昨年からメンタルの不調を訴えていました。
お医者さんや薬も頼り入院も経験しました。
今は寛解し薬も服用しなくても良い状態まで回復しました。
そういった事は稀であったり、回復は聞いたことがないと言われました。



退院後に妻は「普通に戻りたい、症状が出る前の自分になりたい」と言い、薬の副反応(副作用)も強かった事から出来るならば薬をやめたいとも願っていました。
周りの方々と明らかに異なるのは妻のmikaさん本人が症状に対して身体の事、心の事について学んだ事。
そして自分の求める「ふつう」に対して努力したことに尽きると思います。

私達は15年以上レイキを実践してきました。
レイキという代替エネルギー療法を知っていた事もありますが 、友人、知人を始め周りの方々の支えがあった事も本人には励みになった事とも思っています。


入院した時、退院した時にももう無理だろうと話していた事。
一時は全ての布を処分しようかと話していたこともありました。 先日妻がある方に向けて洋服を製作しました。

型紙を起こし布の柄を合わせながら、ハプニングも楽しみながら乗り越えてその方に届ける事が出来た事を喜んでいました。
まだまだ本人の中では普通とは程遠いようですが…。

自分の事、家族や大切な方がメンタルの不調の方もいらっしゃる方も多い事でしょう。
エネルギー療法だけではなく、私や妻が経験してきた事や対処してきたことで良ければお話できますので声を掛けてください。


バランス感覚

バランス感覚というとどういった事を思い浮かべるでしょうか。
仕事とプライベート、経済面と精神面、心と身体…

バランス感覚がどうもおかしいと感じていてもそのことに慣れてしまうと気が付かなくなってしまいがちです。
情報過多になりすぎないように。落ち着く時間も大切です。

何かがおかしい。おかしいという感覚は誰のものでもなくあなたのものです。まずはその事を認識しましょう。

毎日の生活や仕事、そしてプライベートの中でちょっとした違いを見つける事。
光りのかけらはあなたの目の前にありますよ。


ご病気がちな方へのレイキ

医療を補完する形でレイキを実践されている方も多くいらっしゃいます。
手当てをしていると暖かいと感じる方も多くご家族のコミュニケーションも高まります。
笑顔で話し合う機会も増えご病気の方も看護する方も精神的にも安定して快方に向かうことでしょう。
レイキをすることで医療だけではどうしても行き届かなかった領域まで浸透し細胞の活性が高まります。(レイキは神経系にも作用します)
また薬などにレイキをすることで副作用を軽減する効果も期待できます。

ご家族やご自身が病気がちだったり持病をお持ちの方でもレイキで手当てする事で改善が期待できます。
レイキはただ手を当てるだけのシンプルな民間療法です。

日本でも様々な代替療法を取り入れながら先進的な医療をされているところもあるようですがまだまだ少ないのが現状です。
代替療法を取り入れている中にはアロマ、鍼灸、マッサージといった今では一般的になったものの他にレイキも取り入れられてもいるようです。
ご家族のご病気をきっかけにレイキを習われその後医療以外のお仕事でレイキを活用されている方もたくさんいらっしゃいます。

ご家族にご病気がちな方がいる方は日々大変な努力をされている事かと思います。
ご病気に関する知識を勉強しながら、病院への送り迎え、身の周りのお世話、話を聞いてあげること、お仕事をされている方は時間のやりくりも大変な事お察しします。
日々ご家族やご自身の為に励まれている方にもレイキを使ってほしいと願っています。

レイキの使い方等は下記のページをご覧ください。
レイキの使い方とこんな方に
レイキのレベルと費用


人生が好転するツール-レイキ

ここのところ体調を崩されている方からの相談が多くなってきました。
私は医療を補完する形でカウンセリングとレイキを使ってアプローチをしています。
ヒーリングは習得し始めた頃から13年行っていますが、レイキ・ヒーリングが身体や心の機能改善に作用することも多く目にしてきました。

エネルギーヒーリングは目に見えない事なので敬遠される方もいますが、ヒーリングを受けられることで自分や家族の為にとレイキ習得に進まれる方もいます。
アフターフォローを行いながら継続して関われること嬉しく思っています。

レイキは自分の感覚を正(クリア)に戻すツールの一つ。
自分の体や心をレイキでケアしながら、自分の核になる魂(光)を思い出すことができ、人生が好転する一生もののツールの一つです。


5月の瞑想会

ただ、深く息を吸い、息をはくというシンプルな事が深く息をしようとすればするほど身体が力んでしまう。
そんな経験をお持ちの方も多いようです。
私も初めて瞑想を行った時に「あれ?呼吸できてないぞ」と感じたものでした。

月に1度ほど瞑想会を行っていますが呼吸を意識することが初めてだったり、普段意識しない方にとっては敷居が高く感じる方もいるのかもしれません。
呼吸を意識すると、切り替えも上手になり体調の改善にも役立ちます。
先日の瞑想会では身体を横になり寝た姿勢での瞑想を実践してみました。
こういうアドバイスをしながらの実践は少人数だから出来ること。
日々の中で瞑想を取り入れるとご自身の身体や精神のバランスが整いやすくなっていきます。
瞑想会では実践の仕方や方法はたくさんありますので毎回違うやりかたをお伝えしながら行っています。

次回の瞑想会は6月満月の頃を予定しています。
ご参加お待ちしています。

IMG_1570


愛情を込めた男の手料理

こんにちは カウンセラーのささきです。

高校時代からの同級生が訪ねてきてくれました。
小一時間、家族の病気のこと、家庭の事、子供のこと、親のこと…を話しました。
家族の病気のことがきっかけで色んな事に向き合っている状況。
結婚して、子供が出来、家を建て…こつこつと色んな事が進んでいる中での家族の病気はつらいことと思います。

そんな中で僕に出来ることはただありのまま感じている事を伝えることしかない。
食べ物の素材のこと、薬のこと、何がきっかけだったかということ…etc。
病気って発症したときがスタートじゃないということも伝えさせていただきました。
時折「なんでそんな事わかるの?」と言う彼にカウンセラーもしていると言うとちょっとびっくりしていたな。

今の状況を味わうというのはつらいかもしれない。
しかし家族を支えられるのは彼しかいない。
もっともっと勉強して状況を見つめ自分が吸収するしかないんだよ。
ちょっと厳しい顔をしていたけれど乗り越えた先を見つめて欲しいと思いながら。

たとえ下手でも愛情を込めた手料理を家族の為に彼が作っているのを願うばかりです。
それが何よりの薬。

男性は仕事をしながら妻や家族を守りいつも一生懸命。
そんな男性からのご相談もお待ちしています。


お塩

昨日は家中の盛り塩を交換。
今は盛り塩をする家庭はあまりいない。
減塩という風潮もあるので塩の効果が忘れられてきているかのようです。

__________________________

先日お薬を飲まれている方が目の前でパニック症状を起こされていました。
以前からお医者さんと相談してなるべく薬を飲まないようにと減薬中だというお話は以前から聞いていました。
粉薬を握りしめた手からは「飲みたくない」という必死の心の声が聞こえてくるようでした。
周りの反応は書くまでも無いかと。
とっさにレイキをして、持っていた塩でコップ一杯の塩水を。
数分後立ち上がれるまでになっていました。

もし症状が悪化したらと思いながらの処置でしたが、自分の中ではある確信がありました。
この事がが良かったのかどうかは実際わからない。
しかし調べてみるとありました。

私たちはどこかで自然の摂理を無視しているのかもしれません。
この事についてはデリケートな分野になりますのでセミナーなどで伝えていこうと思います。


身体からのサイン

優しい方、人の為に尽くしたい方、社会の為に何かをしたい方は多いと思います。
人の為や社会の為と行動しているうちに、いつの間にか疲労しているかたも見受けられます。
身体は自分自身にサインを送っていますが、疲れすぎてしまっているときにはうまく働かなくなることもあります。
自分は何をしているのか?何のためにしているのか?と自分を見失う時があったら要注意です。
免疫や自己治癒力を引き出す工夫をしてみてください。

怒りやすかったりする場合、気がつかないストレスがかかっている場合もあります。
解放することも忘れずに。

レイキは蓄積したものを解放してくれるツールにもなります。
自分ではどうにも出来ない場合人にヒーリングを受けるのも良いでしょう。

レイキヒーリング、カウンセリングどちらがが良いのか?とご質問をいただくことがあります。
どちらか迷われている場合のお問い合わせにもお答えしています。

身体からのサイン、見逃さずに。