...

新月の頃のあれこれ

先日、調べ物をしていて、管内以外のことってニュースや色々見てはいるんだけれど、例えばそこへ行ったら…みたいなことすっぽりと抜け落ちていたなぁ。と驚いた。
出かけるとして、調べるとかやってみたいこととか…あんまり昔ほど思わなくて…
たった数年のことなのに、これは老化なのだろうか…

と、新月に驚いた事が幸せなのかもなぁと思ったけれど

 

 

その後、
宿泊のネット予約とか、その画面を見て面倒っぽく感じで、行くことをやめてしまう若者もいる。という記事を見て、
きゃーなんか若者っぽいわ私、と喜ぶ。
昔より便利になってるのに…とは思うのだけれど。

そうしてまた違う記事を見たら、ワード検索したけど出ないって若者も多いらしくて…
確かにどう検索したら出てくるの?って若い方に聞かれること多い気がする。それでレンズ検索とか増えてくるのかなぁ?

便利になってる世の中なのにどうなるんだろう?

 

 

って思っていた矢先
一歳児にマスクしてても顔を覚えてもらってたらしく『だー(っこ)』と寄ってきたときのリア充感(笑)
未来達よ 顔認証能力が最新でやるじゃん!それともオーラとかで見分けてるのかなぁ、すごいなぁって思ったり…

 

 

そんな新月となっています(どんなでしょう)

 

そんなわけで年内の新月はあと一回
12月のご予約枠は少なめだったり、新規の方は予約頂いても少々お待ちしていただいておりますが、よろしくお願いいたします。

 

 


ワークショップの振り返り

先月のワークショップの話を今頃。

集合と解散は現地でという形だったのだけれど、参加された皆さんは住まう場所も別々でしたから、行き帰りにそれぞれのドラマと冒険が繰り広げられたようで、なんかそれも含めてよかったなぁと思っています。

もぉみんな冒険好きなんだから。って思うんですけど、初めていらしたときよりもみんな逞しくなったね~って嬉しくなりました。

 

以前のワークショップや個人ワークを体験なさってる方は、足早だったと感じられたかもしれませんね。今までとは何もかもが違う時代になってしまっていますから、その上で今回は今出来ることをさせて頂きました。

ひと月前のワークショップすらも過去になって、この時期なら出来なかったかなぁとか思ってます。

 

例えば、それぞれ乗り降り口の違う乗り物にひと時乗り合わせた。同じ時間と空間を過ごすってそんな感じがしません?

景色を楽しんだり、自分と向き合う時間を過ごしたり、ちゃんとしたり…
そんなワークショップ。

 

 

各々の内なる発見のひと時を過ごして頂けたことありがたく思っています。

 

釧路では初雪の便りが届いたそう(見てない)
時はまた進んでゆきます

 

 

 

 

 

 

ご参加の皆さんありがとうございました。


月蝕と天王星と古いネオ一眼

昨日は皆既月食

最近は月蝕なんかの際に取り出す古いカメラ
夕方帰宅しておもむろに練習もせず思い出したように出す。細かい設定がもう少し何かあるはずなんですが、根がアバウトなのでなんともざっくりと居間で使うのです。

デジカメと私は呼んでいますが、ワークショップの際にとても便利に使っていました。カメラの詳しい友人に教えてもらってバーゲンで買ったもの。
最近はその重量的なものからもっぱらスマホのなんだけれど。

イマドキのミラーレスではないけど、鳥とか月とか簡単便利に使いやすい。天王星は肉眼では見えないんですけれど、カメラ越しには見える。はっきりくっきりはイマドキのようにはならない(腕も大いに関係ある)

時間列で並べてみました。
点のような天王星見れたら幸いです

ひとりカメラセッティングして、ぶつぶつ言いながら写真を撮ってる私に向かって佐々木鉄晴(P)が
『そー言えばワークショップの後そのカメラと同じの持った人達や、似たの買った人って今も使ってるのかなぁ?』とポツリ。

えっ?そーだったっけ?

楽しい毎日だから忘れてるだろうし、新しい興味が増えたことは幸せなことだよ~。
と、二人でうふふと笑いました。

世の中色んなことがありますけれどみんな笑っていられますように。


11月ですね

11月になりました。

この時期の人っぽく(多分今や数少ないけど 漬物月って言う先輩方もいるよ)

今回は文化の日っぽく
最近ニュースよく流れてくる来年度から国がGiftedをなんとかっていうニュースを見てぼんやりしたこと。

今となってはその片鱗感じられないと思うから作り話じゃないの?って思う方もいても仕方ない、私事で恐縮なんですけどお付き合いいただければ…

小学一年生の大昔、IQテストというのが導入されましてよくわからず受けたんです。その時あぁできない所も多かったなぁって終わり。
そしたら先生に後日呼ばれまして、やっぱり間違ったから注意されるのかなぁと向かいましたら、イマドキだとGifted、明らかにできてない所があって不満なのになんで?って思っていたのに…
当時はIQ高い=英才教育の道を!ご両親を相談して何かプログラムを!みたいなことにどんどんとなってゆく訳です。当時通っていた学校では初めての試みの年だったようで、先生が盛り上がるような時代でした。そのプログラムを何にするかどうするかと盛り上がる先生と、みんなと平等でいいと願う私。呼び出されては習い事を何にするのかとか、熱い指導が続くのですが、私はそんなことよりみんなと同じがいい。
周りの良家の同級生達があれやこれやと頑張って習ってるのを楽しそうに話してたりするのに、決して裕福な家庭でもなく、休日は祖父母の田舎で遊んでるような私がなぜだろう?それって誰が幸せになるんだろう?って…その頃のことは書くと長いのでバッサリ割愛しますが、その数年後担任が変わり、その数年後、引っ越すまでは苦手な話だったのだろうなぁ…

両親が普通でいいという私を見て好きにさせてくれたこと感謝しなくちゃいけないなぁ、としみじみ今頃思います。私ならやっぱりうちの子が!って盛り上がっちゃうこともあるだろうから。

当時よりはネットワークも進んでいるので、当人が孤独になることって昔より少ないと思うけれど…IQだけでない多様性のGiftedを見分ける目を持った偉い人がいますように。
そして何より、本人が普通を望むならそぉっとしておいて欲しいなぁとニュースを見ては思う過去の子供の私。
もしかしてどこかにいるかもしれないから、大丈夫だよってここに残してみました。

『普通』ってよく言うよね、と佐々木鉄晴(P)さんにもよく指摘されること多いんですが、その言葉ってきっとそういうところからきてるのだろうなぁと50年も経った今気が付いたりする。普通です。


秋ですね

秋ですね、収穫されたものをこうしてたりする時間も楽しい季節です。

 

少し涼しくなってレイキ伝授やヒーリングのお客様が多くなってきました。ヒーリングだとお会いする機会もあるかと思います。施術を受けてそのあとお喜びの報告など頂けてとっても嬉しく思っています。ありがとうございます。

レイキはどなたでも学べるヒーリングの技術で、霊的スキルに関係なく学ぶことができます。なので佐々木鉄晴(P)と共に、特に当時霊的に何かとか考えてない私もマスターまで安心して学ぶことができたよ。という話を聞かれた際にはしたりします。私が学んだ20数年ほど前、周囲はスピリチュアルなこと知ってる人ばかりだなぁってアウェイ感いっぱいな気持ちになったりもしましたけれど、今は本当にいい時代になりました。

 

 

先日行った場所

ひとりで散策

目が合ってにっこりしてそぉっと帰る

レイキ伝授など今年末までにとお考えの方はお気軽にお問い合わせくださいね。


もうすぐ白露

今年は9月に入っても残暑な感じです。

真夏よりは日が短くなって、自分の内を見つめなおそうとなさる方が多いかな…

 

色々考えすぎちゃって食事のことを後回しにしてしまう方も多いかもしれませんけれど…

ただ茹でるだけで美味しいものたち

 

実りの秋でもありますから、来たる冬に向けて、自分の心や身体が喜ぶものを取り入れてほしいなぁとワークを始めた当初からいつも思っています。自分のために考える食事っていうのが面倒な方も多いかと思いますが『いのちをいただく』って書くと大げさだけど、自身を大切にすることや脳や身体の活性化に繋がります。

 

北海道に住んでいてよかったなぁとしみじみ感じる季節です。


立秋ですって…

立秋が過ぎると残暑お見舞い申し上げますという時期ですね。

釧路観測史上一位の暑さがあった頃でしょうか…ちょっと調子を崩しました。単なる膀胱炎で抗生剤なんか頂いて安静にしてると治るやつなんですけど、どこの職場等でもコロナ禍で人の体調には敏感になっていますよね、数年前まででしたら行かなかったと思うのですが、職場の安寧重視でかかりつけ病院へ。

先生と私、無言の時がしばし流れ…
薬にどうも弱いようで何度か抗生剤等でアナフィラキシー起こしてるものだから…
『来ても出せる抗生剤がない、うーん』となりまして…漢方を処方していただいたのですけれど。
この世にいるんですよ、そんな人 ここに(笑)

それで数日バイトなんかお休み頂いたりしました。
話には聞いてたけど本当にそーなんだね。と笑いを提供できるよい機会になりました。

まぁお陰様で今はすっかり元気です。

まぁ無理するなってことだから褒められる話じゃないんだけれど…
よくぞここまで頑張った自分 よしよし(これ、大したことじゃなくてもこーゆーの大切)って言う時間を久しぶりに持ちました。

お休みしてる間、こういう体質だったのもあってレイキ習ったんだよなぁ。と改めてしみじみ思いました。

なかなかお日様も星空も月も見えない日が続いてちょっと寂しいけれど、
世間は日々賑やかで、心が揺れ動く人達などもよく見かけます。

正義って人の数だけあって、他人の正義を受け入れがたいことがあるように、自分の正義が他人に通じることでもないと思うし…通じないからって怒ることでもないと思うし…
それはミクロの世界から、親子やパートナー、国や、宇宙や無限に至るまで(ざっくりしてます)
自分の正義だと思うなら楽しく周りを気にせず思うまま進めるといいよね。

そんなわけでもうお盆ですし、
残暑厳しい折、みなさまもご自愛くださいませ。


7月になりました

7月になった途端、釧路としてはびっくりな暑さもとりあえず落ち着き…

ここのところは梅とか

庭にわっさーと咲いた

ハマナスの花びらって落ちると掃除してない人みたいになっちゃうので、落ちそうなのを集めて

チンキ用に漬けたり…

毎年変わらないことをしているので見てる人はまたかぁって思うかなぁって思いつつ…
でもきっと来年も同じことをしてると同じように楽しいんだろうなぁ…

イマドキの免疫力アップにとかって訳じゃないのだけれど、佐々木鉄晴(P)は元々サラリーマン時代は体力勝負のお仕事で梅シロップとかは夏のアイテムだった流れです。

ハマナスは、ここに越してきた頃もう亡くなってしまったけれど近所の方が
『俺の故郷の昔の乙女はこれで化粧水作ってたんだぞ。海岸で咲いてる花を摘み取って…云々』と20年ほど前からハマナスの前で会うたび会うたび仰るもので、何年か後ある程度大きくなった株で自分用に遊び始めたんだっけなぁ…
落ちそうなのは『花びらをとってください』って言ってるように、はらはらと取れるからなんか咲いてるのにごめんね~みたいな罪悪感がない。

最近は若い方達の夢が叶ったご報告等頂けて本当にうれしいです。
ありがとうございます。
キラキラした夢に向かって叶えるのはご本人です。皆さんすばらしい。

ほんの一片のpiece お役に立てたら私たちは光栄です。

楽しみながら行こう


日川善次郎と日川清

ワークで記憶にある方もいらっしゃるコタンの日川さん

屈斜路古丹という地区にかつてチセがありまして、カモミール亭でワークを始めた頃はよくお世話になりました。

 

20年ほど前に初めてお会いして…
それから10年ほどでしょうか…

 

ご両親のものでしたので、お母様が亡くなられた後当時の法律の壁とでも言うんでしょうか…チセは現在はありません。

 

 

本来は阿寒湖のコタンで日川民芸店を営んでいらっしゃいます。

 

以降は阿寒コタンに行くようになりました。
ワークの際にファンになる方も多く、その後は個々で訪ねている方も多いと伺っています。そのたびにお二人とも嬉しそうにお話ししてくれるんです。

 

木彫りをなさっていて鎖彫という技法があるのですが、それはもう日川さんくらいしかいないのではないかしら…と思っています。

 

よいご縁をいただきました。
今は昔ほどではありませんが、コタンの人々から見れば私たちはただの外野に過ぎません。日川さん無口な方ですけれど、いつも暖かく迎え入れてくださって長い歳月をかけて現在に至ります。

 

 

先日は、その父で屈斜路古丹にもいらっしゃった日川善次郎エカシの映画試写会の模様をニュースで見て行ったのです。
善次郎エカシには直接お会いしたことはないのですけれど。
予告編はこちらでご覧いただけます。

チロンヌプカムイ イオマンテ 日川善次郎エカシの伝承による

サツゲキでは上映中のようですので興味のある方は是非

 

 

で、帰宅した後日川清さんの映像を見つけまして…
『出てるけど…』
『そんなのあったなぁ、言ってなかった』なんてSNSのやりとりが佐々木鉄晴(P)とあったようで…

ワークではおなじみの『コタンのおじさん』がそのまま映像になっています。
この映像作った人なんてすばらしいのっ!って思うくらいそのまま

 

日川清 AKAN AINU ARTS & CRAFTS → NEXT

今回はエカシの計らいかもしれませんね。くすくす


山菜

春の山菜も一段落する今頃

毎年のように山の恵みを届けてくださるお優しい方。

彼女は、十数年前レイキを学び
最初はゆっくり自分を癒し、そうしてどんどん夢を膨らませ叶え…
今ではすっかり頼もしい。

カモミール亭でレイキを学んでくれた方の多くは長いお付き合いになる方が多いのだけれど、彼女もそんな一人

レイキ教える機会頂いて
お互いにいい時も悪い時も知っていて…
それでもこうして今も訪ねてきてくれる。ありがたいよね。
もちろん彼女が努力して現在に至っているのだけれど。

と、決して本人には言わないであろうことを佐々木鉄晴(P)が話していたことをこっそりとここに書いておく。

コロナ禍、旅行も解除となったけれど、職種によっては移動制限のある方もまだまだ多かったりします。
ままならないことの多い世の中ですけれど、心や魂は自由

ゆっくりお茶でもしながらお話ししましょう。